ADの1日のお仕事~スタジオ篇~

ごぶさた!
スクラッチの綾〇剛こと新人AD今津です
ほら目が似てるでしょ?

今日はスタジオ収録の日です。
スタジオ収録は定期的にあります。
収録したVTRは後日データに取り込み、編集してそれが放送されます。

 

というわけで今日はスタジオ編に
いまズ〜ム!
 

スタジオ収録のおおまかな流れ(制作)


午前11時

準備

 

スタジオに到着後、楽屋や、ケータリングの準備をします。

ケータリングとは休憩時間や待ち時間に食べる軽食の事です。

スタッフや出演者がコミュニケーションを取る場にもなるので、より良い番組にする為にも大切な仕事のひとつです。


午後12時

技術打ち合わせ→カメラリハーサル

打ち合わせでは収録の流れを確認!
その後出演者のネームプレートをぶら下げて
本番を想定したリハーサルを行います。 
     


僕の仕事はテーブルなど収録で使う道具を置く位置をテープでバみる、おっと専門用語が出てしまいました。
バみるとはテープを貼って位置が分かるようにすることです。
後は小道具やフリップをチェックします。


【サブ】

 みてください!これ!
たくさんテレビがあります。
ここではたくさんのカメラで撮っている映像をみて
録るカメラを切り替えたり、スタジオにいるスタッフに指示を出します。


 ←中島社長もまだまだ現役バリバリです。
ちなみに僕は普段ここにはいません。

 


午後14時

【収録本番】

本番が始まりました。

僕の仕事は収録で使う小道具をすぐに出せるように準備をすることです。
この日は箸を出したり、トランプを出演者に渡しました
緊張感もありながら笑いが絶えない雰囲気です。


時にはセット裏でドアを
開けたり


カンペを出したり…
 
どうです!新人のボクでもこんなに色々なことを
やらせてもらえるんです!


出演者の皆さんに事前にロケで撮影して編集したVTR(いわゆるサブだしVTR)というモノを観て笑ってもらったり、よかったと言われると
僕も関わった1人の人間として達成感があります、

うーん冠二郎(感無量)


【インサート撮影】

収録後、丼料理のインサートを撮影中

インサートとは収録したVTR以外に編集で挟んで使う映像の撮影をすることです。
これはテレビでよく見るフタを開けた瞬間、湯気がバーっ
キラキラなモノです。
これ1つでも撮る人、照明を当てる人、

料理を盛る人、モニターでチェックする演出、

ぼーっとするボク(`〜`)など
料理一つにもぬかりないです。


 

 

←こちらは売れっ子作家の1人である岸野さんです。

番組は作家さんが企画を考えてくださり、それを会議で話あって流れを決めます。

岸野さんはたまに番組にも出演してもらったりしている名物キャラです。


午後19時

【撤収】


収録が終わり撤収作業中です。
 
こうやってスタジオ収録は行われます。


【おまけ】

収録が無事に終わりました!
それではお約束のサービスショットをちょっとだけお見せします。

 

タイトル「仕事中に夢中で無防備な今津」


  次回は今津「初オフライン編」でお会いしましょう
では、お疲れ様でした〜